電気料金を比較して相場を知ろう|ぼったくりに遇わないために

オール電化は得か損か

女性

オール電化で得する方法

オール電気にすると得になると言われたことはありませんか。家電量販店やリフォーム会社などに行くと、そう言われてオール電化をすすめられることがあります。けれど、オール電化は本当に得なのでしょうか。実は、電気の使い方によっては、ガスと併用していた時より変わらなかったり、逆に高くなってしまうケースがあります。例えばお風呂を沸かす場合ですが、ガス会社や契約している電気料金プランにもよりますが、平均して、ガスで沸かすのと夜間の電気料金が割安なときの電気で沸かすのを比較すると、ほぼ同じくらいの金額になります。つまり、昼間にお風呂を沸かしてに入ってしまうと、逆に高くなってしまうのです。料理にしてもそうです。昼間に料理をすることが多い人は、比較してみると、昼間のIHの気料金よりもガスコンロのガス料金の方が安く済むケースが多いです。つまり、オール電化にした場合、極力、夜間の安い電気料金を利用しなければ、逆に損をしてしまうことがあるのです。ただし、これはガスの基本料金を考慮していませんので、ガスの基本料金がいくらなのかを見つつ、日頃の生活スタイルを思い出して、それぞれの使用量や金額を比較してみるのがいいでしょう。ではオール電化が得をするケースはどんなケースでしょうか。それは、太陽光発電と併用することです。太陽光発電で電気を作り、それをオール電化で利用することによって、電気料金は非常にコストダウンできます。もちろん、太陽光発電の初期費用は必要ですので、長い年月を見たとき、ガスと併用で使用する方がいいのか、初期費用が掛かっても太陽光発電とオール電化で使用する方がいいのか、比較してみてくださいね。